車検

【車検選び】カー用品店車検の方法・メリット・デメリット

最近かなり普及してきているのが「カー用品店」で車検するスタイル。
このカー用品店車検の特徴や方法・メリット・デメリットにご紹介していきます。

カー用品車検とは?

オートバックスやイエローハットなどカー用品店が展開している車検サービスです。
現在ほぼ9割方のカー用品店で車検サービスは取り扱っています。

カー用品車検のメリット

カー用品店車検のメリットは以下の通り。

カー用品店車検のメリット

メリット 概要
ディーラー車検より安い カー用品店車検はディーラー車検より一回り価格が安くなります。(車種にもよりますが2~3万円程度)
グッズやパーツが豊富 エンジンオイル、タイヤ、ワイパー、ブレーキパッドなどのグッズ、パーツが豊富であり、車検整備に使用する製品の選択肢が増える。
買い物がてら利用できる 車検手続きの待ち時間など、買い物が出来るので退屈しない。また車検のサービスでグッズがおまけで付いたり、買い物ポイントが付く事もある。
様々な車種に対応 カー用品店車検では、基本車種の制限はありません。どのメーカーのどの車種でも車検を受け付けています。(ハイブリッドカーなど特殊なシステムを積む車は出来ない場合があり)

カー用品店車検のメリットは、安さに加え製品バリエーションの豊富さ。車検時にあのメーカーのオイルを使って欲しい、ブレーキパットは純正外にしたいなど拘りがある方には特におすすめです。

カー用品店車検のデメリット

カー用品店車検のデメリットは以下の通り。

カー用品店車検のデメリット

デメリット 概要
車検の質が不安定 カー用品店の整備士はディーラーの整備士の様に一定水準の技術教育は受けていない場合が多いですので、車検の質が不安定です。中には優秀な整備士もいれば、余り技術のない整備士もいます。
車検が早いと遅いの2パターン 大型のカー用品店であれば指定工場を持っている店舗が増えてきていますので、車検が終わるまでの期間が短く早いです。ただお店によっては指定工場を持たない店もあり、この場合は陸運局を通す分、車検が終わるまで時間が掛かります。
営業時間が短い カー用品店は夜20:00頃で閉まってしまいます。また時間外は対応してくれない事が多いです。(ディーラーの場合も同じような営業時間ですが、ディーラーは比較的営業時間外でも顧客対応してくれる場合があります。)
このため、車検の手続きや車の受け渡しが不便です。
代車が用意されな カー用品店車検の場合、代車は用意されません。このため、車検期間中に車を利用する場合は、自ら代車を確保する必要があります。

カー用品店車検は車検の質が不安定な事に加え、営業時間が短い、代車が用意されないなどイマイチ車検を進めるのに不便な要素が多いことがデメリットと言えます。

カー用品店車検の流れ

カー用品店車検は以下の流れで行います。
①カー用品店に車検の見積もり依頼
②カー用品店から見積もり回答
③車検日を予約
④車検日にカー用品店に車を持って行く
当日用意するもの
・印鑑
・車検証
・自動車損害賠償責任保険証明書
・自動車税納税証明書
⑤カー用品店にて車検を実施
⑥車検完了日に車を引き取りに行く
⑦車検料金を支払い、車を引き取って完了

総評

カー用品店車検は、車検の質や利便性にはやや懸念点もありますが、安さとグッズ、パーツの豊富さは魅力的です。車に使用する製品に拘りがある方、またカー用品店にいくのが好きな方などはおすすめでしょう。

スポンサードリンク

コメントを残す