車選び

【駆動方式選び】MR車の特徴・メリット・デメリット

車選びをする上でのMR車の特徴・メリット・デメリットをご紹介していきます。

・MR車とは

MR車の”MR”とはミッドシップエンジン・リアドライブ を指します。エンジンをボディの中央(ミッド)に積み(実際は中央よりやや後ろの車が多い)、後輪で駆動する車となります。
エンジンを前方に積まない事でコーナリング性が上がるため、もともとはF1やレーシングカーなどで多様されていた駆動方式です。徐々にスポーツカーなどの市販車にも採用され、今現在も少ないながらいくつかの車に採用されています。

・MR車の種類

現在販売中※のラインアップから、MR車に該当する車種を車タイプ別にピックアップします。
※MR車は数が少ないため古い車種も一部記載します。

車タイプ別のMR車例

 車種タイプ 車種名 比率
 軽自動車 アクティ、AZ-1、ビート、S660、バモス、三菱i-MiEV、Smart-Kなど  2割
コンパクト Smartフォーツクーペ、ルーテシアルノースポール(先代)など  1割
 セダン 調査中 0?割
ステーションワゴン  調査中など  0割
 SUV BMW・i3など 1割
 ミニバン エスティマ(初代)など 1割
クーペ、スポーツ MR-S、NSX、ボクスター、ケイマン、ロータス・エリーゼ、458イタリア、アルファロメオ4C、テスラ・ロードスターなど 9割

MRを採用しているのは9割方はクーペ・スポーツです。三菱i-MiEV、Smartフォーツクーペなど軽・コンパクトでも採用している車はありますがこちらは構造が特殊なため止む無くMRにしたという車です。このため純粋なMRスポーツとは作りやスペックは大きく異なります。
なお MR車に注力しているメーカーは以下の通り。
国産メーカー・・・トヨタ、ホンダなど
海外メーカー・・・ロータス、MG、フェラーリ、マクラーレン、パガーニ、ケーターハムなど

・MR車のメリット

MR車のメリットは以下の通り。

MR車のメリット

 メリット 概要
操縦性が良い 前方にエンジンを積んでいないためフロント(前輪)に無駄な荷重が掛からない。このためハンドリングがスムーズで操作性がとても良い。
回頭性が高い 前方にエンジンを積んでいないため、回頭性(車の向きの変え易さ)が高い。急カーブなどでも無理なくコーナリングしていく。
加速力が高くスームズ エンジンが中央にあるため、駆動輪である後輪にトラクションが掛かり易い。このため、加速力が高くスムーズ。また加速時の安定感高い。
デザインに自由度がある 前方にエンジンを積んでいない分、デザインに自由度があり外観が魅力的、個性的な車種が多い。

MR車は操縦性や回頭性など走行性能に関わる部分が秀ています。普段のドライブでなかなかその力が発揮される場面というのは少ないですが、高速道路や山道を頻繁に利用する方や、自動車競技(レース)に挑む方にはうってつけの車と言えます。

NYGT1709

 

・MR車のデメリット

MR車のデメリットは以下の通り。

MR車のデメリット

デ メリット 概要
操作が難しい ボディ後方に荷重が集中しているため、下手に操作するとバランスが乱れスピンする場合がある。また回頭性が高い分、カーブなどで曲がりすぎて(オーバーステア)車線より内側にはみ出してしまう場合もある。
車内が狭い エンジンが運転席の後ろにあるので、車内スペースを広くとれない。後部座席すら設置できず2シーターの車も多い。
エンジン音がうるさい エンジンが運転席の後ろにあるので、エンジンの音や振動が車内に響きうるさい。
メンテナンス費用が高い MR車はメカニズムも特殊で、使用しているパーツ類も独自のものが多い為修理費用やメンテナンス費用が高額になる。

記載したとおり、MR車は実用性という面では低いです。走行性能の高さも日々の街乗りや運転技術の乏しい方にはデメリットとなってしまう事があります。
利用目的と運転する人を選ぶ車と言えます。

・おすすめのMR車種

※工事中

・MR車がおすすめな方

MR車は純粋に走りを求める方のための車です。走りを楽しみたい、自動車競技などに参加する予定があるという方におすすめです。

MR車がおすすめなのは以下の様な方です。
・走りを楽しみたい方
・レースなどに参加予定の方
・運転技術、経験の高い方
・走行性能の高い車に乗りたい方
・カッコイイ車に乗りたい方
など

スポンサードリンク

コメントを残す