車ネタ

50㏄だけど一人乗りの車、「ミニカー」で広がる新しい生活

「ミニカー」というのは、トミカのようなおもちゃのミニカーではなく、50㏄の超小型自動車を指します。

一人乗りですがちゃんと4輪で公道を走れる立派な自動車。そして維持費が格安。まさに”大人のおもちゃ”であり、普通の車とはちょっと違ったカーライフが楽しめます。

そんなミニカーの世界を特集していきます。

1.50CCだけど公道も走れる車、小さくてかわいい「ミニカー」

ミニカーとは、50㏄のエンジンを積んだ超小型自動車です。

画像を見て貰えば、早いかと。まさに↓のようなクルマ。
carsensor_cu5642930835 71jwN+hSn8L__SX522_
http://store.shopping.yahoo.co.jp/carsensor/

 

ミニカーは排気量が50㏄に制限され、サイズ自体も小さい可愛い車ですが、それでも立派な自動車です。

4輪・エンジン・サスペンション・メーターにライト・ウインカーと自動車としての基本は成しており、もちろん公道も走れます。

過去には「マイクロカー」などとも呼ばれ一時的なブームで終わりましたが、最近になって再び注目を集めてきています。今後はEVモデルなども多数発売される模様。

2.50CCミニカーの特徴

ミニカーの具体的な特徴は以下の通り。

≪スペックの制限≫

・エンジン排気量は20㏄以上~50cc以下(EVの場合定格出力0.25kW以上~0.6kW以下)
・定員は1名
・積載量は30kg以下
・ボディサイズは、全長2.5m以下、全幅1.3m以下、全高2m以下
・馬力は6~7PS程度 ※モデルによる

≪走行時のルール≫

・法定速度は60km/h
・公道走行可能(ただし高速道路は走行できない)
・走行時は自動車として見なされ、原付のように2段階右折等は不要。ヘルメットも不要。
運転には普通自動車免許が必要
ミニカーは道路交通法上では、「総排気量50㏄以下又は定格出力0.6kw以下の原動機を有する普通自動車」と区分されます。
普通自動車として扱われるものの、60km/h制限、高速道路は走れないなど一部制限事項があります。

≪維持費について≫

・維持費は原付と同水準、年間1万円程度
・自動車税も、原付と同じ年間2000円(原動機付自転車「ミニカー」区分となる)
・自賠責保険も、原付バイクと同じ年間7580円
・重量税不要
・購入時の自動車収得税不要
・車検不要
・車庫証明不要
・本体購入費用は20万円~80万円程度 ※モデルによる

ミニカーは道路運送車両法上では、「原動機付自転車」として扱われます。このため、維持費や必要書類等は原付と同じになります。

3.50ccのミニカーの楽しみ方、広がるミニカーの世界

ミニカーを持つことで、次のような楽しみ方や使い方ができます。

【ミニカーでできること、ミニカーの魅力】
・ちょっとした買い物でも原付感覚で使える(しかも4輪なので原付バイクより疲れず、安定性も高い)
・ちょっとした空き地などでも、一種のラリードライブが楽しめる。(ただし私有地の場合は許可が必要です。)
・軽トラックの荷台でも持ち運べるサイズなため、レジャー先等で活用も可能
・シンプルながら自動車であるため、車いじりの教本にできる、価格も安い。
・サイズが小さいため体感速度が速く、法定速度でも違った世界が楽しめる。

など

ミニカーは安いためセカンドカーとして使うのもアリですし、その小ささを活かし趣味的に遊ぶ道もあります。楽しみ方は実に多彩です。

4.50㏄ミニカーの購入方法

50㏄ミニカーは、
・メーカー直販店から購入する
・Amazonで購入する
・中古車で購入する(絶版の場合)

の3つのルートがあります。

50㏄ミニカーの購入方法は以下の記事で更に詳細をご紹介します↓

なお大人気の「ビックフォース」はAmazonでも取り扱っています。一応広告を。

 

 

5.50㏄ミニカーの注意点

50㏄ミニカーは一般公道を走れますが、車種によっては60kmまで出ないものもあります。

また、本来60kmまで出せる車種であっても、体重が重い方が運転する場合や、大きな荷物を積んで走行する場合は、60kmに届かない恐れがあります。
50㏄ミニカーはもともと制限上非力ですので、重みの影響を受けやすいです。

日本の一般公道は、40km~50km/h制限ではありますが、実際は60km/h、70km/hの速度を出している方が多いです。

時として50㏄ミニカーですと邪魔になってしまうこと、煽られる事もあるかもしれませんので、公道を走る上では、その点は注意が必要です。

まとめ

50㏄ミニカーは、普通の自動車とは、また違った世界が楽しめます。
価格も維持費もそこまで高くないので、大人の趣味の一環として、自分へのご褒美として、手を出してみる価値はあります。

スポンサードリンク

コメントを残す