カーライフ

「現行犯逮捕」されないスピード違反は後日通知や後日逮捕される?

「スピード違反をし、警察にも見られていたけど現行犯逮捕されなかった」、「今のところ何の連絡もないけれど、後日通知や後日逮捕がありそうで心配」といった方もいるでしょう。

さてスピード違反をしたにも関わらず、その場で現行犯逮捕されなかった場合、どうなるのか?見逃されるのか?あるいは後日通知や後日逮捕がくるものなのか?

この部分についての事情を解説していきます。

1.スピード違反は「現行犯逮捕」が基本

まず大前提として、スピード違反は「現行犯逮捕」が基本です。

警察があなたをスピード違反者と判断した場合、その場でサイレンを鳴らし現行犯で逮捕します。これが基本中の基本です。

したがって、あなたがスピード違反をして警察側にも見られていたのにも関わらず、現行犯逮捕されなかった場合は、警察側が「この程度の速度であれば許してあげよう」、「他に優先すべき事件があるので構ってられない」等の理由で見逃したと判断するのが妥当です。

その場で現行犯逮捕されなかった場合、後日通知で警察に呼び出され逮捕される可能性は、ゼロではないものの極めて稀です。
ただし、「オービス」(自動速度違反取締装置)でスピード違反を撮影されてしまった場合は、後日通知が基本です。

 

2.スピード違反の「後日逮捕」が少ない理由

スピード違反で現行犯逮捕されなかったとしても、後日逮捕する事は法律上は可能です。実際に後日通知がきて逮捕される事例もあります。ただし、これは数としては少なく極めて稀です。

その理由としては、「スピード違反が証明しにくい」、「逮捕までの労力がかかる」の2点が背景にあります。

【①スピード違反が証明しにくい】
スピード違反を捕まえるのは、主に速度計で速度を測っている警察官です。道路脇でパトカーを止め、「ネズミ捕り」を行っている警察官ですね。この場合は、速度計による明確な”証拠”があるため、スピード違反をした場合はすぐに現行犯逮捕されます。

一方で、例えばパトカーで巡回している警察官の場合などは、速度計で測っていない事が多いため、たとえスピード違反を目撃しても証拠不十分で立証しにくいのです。いくら警察官といえども、確たる証拠がなければ逮捕はできません。

このため現行犯で逮捕しなかった相手というのは、証拠不十分である可能性が高く、後日呼び出したとしても逮捕する事が困難であるケースが多いのです。結果、おのずと後日通知や後日逮捕というのは少なくなります。

【②逮捕までの労力がかかる】
たとえスピード違反の証拠が出揃っていたとしても、後日逮捕となると「ナンバーからその車を特定する」、「本当に本人が運転していたのかを明らかにする」などの労力がかかります。警察側からすればこれは現行犯逮捕と比べ、とても面倒な事となります。

このため、たとえ証拠が出揃っていても、敢えて逮捕しないケースもあるようです。特に忙しく人手が足りていないような警察署であれば尚更でしょう。警察はスピード違反の罰金を収入源ともしていますが、後日逮捕となると労力に対して収入面の効率も悪いですしね。

以上のような理由で、スピード違反の後日逮捕というのは、ゼロではないものの数としては少ないようです。

 

4.後日通知、後日逮捕となると罪は重くなる?

もし仮に後日通知や後日逮捕がされた場合でも、基本的には本来より罪が重くなる事はない様です。超過したスピードに応じて、現行犯逮捕の場合と同じ罰則・罰金を負う形となります。

ただし、後日通知がきて警察署への出頭が求められているのに関わらず、それを無視し続けると「公務執行妨害」など別の罪状が加わってしまう恐れがあります。
それともう一つ現行犯逮捕を無視した場合。
パトカーのサイレンが鳴り「止まってください」と言われているのに無視して逃げ去ってしまっている場合は、状況により「逃走罪」や「公務執行妨害」など別の罪状が加わり、その分罪が重くなる恐れがあります。

まとめ

再度となりますが、日本では「スピード違反=現行犯逮捕」が基本です。現行犯逮捕されなかった場合は、スピード違反ではなかったと捉えておくのが妥当です。そこまで心配する必要はないでしょう。

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す