車売買

【初めての車売買】車売却の流れ、進め方の方法

一昔前までは、車の売却というとお得意先のディーラーや販売店への下取りが当たり前でした。
それが近年は「中古車査定サイト」を利用して、実にたくさんの業者から車の売却先を探せる様になりました。

さて、中古車査定サイトを使った売却となると、「なかなか難しそう」、「面倒くさそう」で躊躇している方もいるのではないでしょうか?

そんな方に向けて、初めての車売却の流れを簡単にご紹介してきます。

車売却の流れ

車売却の流れは、そこまで難しくありません。
羅列すれば、以下の作業のみです。

①中古車査定サイトで無料査定依頼
②業者とのメールのやりとり
③本査定
④売却商談、交渉
⑤売却手続き
⑥入金

ちょっと難しそうと感じた方も中にはいるかもしれませんが、大丈夫です。
あなたが行うアクションははじめの査定依頼のみ。あとは中古車販売業者の担当の方が説明しながら進めてくれますので、初めての方でも物怖じする必要はないです。

なお、査定~売却~入金まで早くて3~4日、長くても2週間程度で完了します。

①中古車査定サイトに無料査定依頼

まず第1ステップとして行うのが、「査定依頼」です。
どこの中古車査定サイトを選ぶかは好みですが、初めての方は大手の「ガリバー」や「アップル」などが無難ですね。

査定依頼は完全に無料です。無料というと怪しいイメージを持つかもしれませんが、大丈夫です。
あなたから査定依頼をする事で、本来、営業マンが飛び込み営業する労力がカットされていますので、相手側からすれば査定くらい無料で全然OKなのです。

査定依頼は、インターネットで中古車査定サイトを開き、専用の登録フォームに、
・名前・住所など簡単な個人情報
・車種名・走行距離・年式など簡単な車両情
を入力して送信し完了です。
ものの5分程度。分からない部分は適当でもかまいません。

②業者とのメールのやりとり

査定依頼を送信すると、1~2日程度で中古車販売業者の担当の方からメール(もしくは電話)で連絡がきます。

この際に、大抵の場合は仮見積もりとしての額が提示されます。仮見積もりの額に満足いくようでしたら本査定を依頼します。もし満足いかない場合は、本査定を却下し、別の業者に査定を依頼してみましょう。

本査定に進む場合は、担当の方とメールにて日程の調整を行います。土日や祝日も対応してくれますので、自分の都合の良い日時を提示し、日程調整を行いましょう。
本査定は、担当の営業マンがあなたの自宅を訪問し、自宅の駐車場などで行うのが通例ですが、都合が悪い場合はあなた自身が車を持ち込み中古車販売業者の最寄の店舗で査定を行ってもらう事もできます。

 

③本査定

調整した日時に、売却する車の本査定を行います。

本査定では、担当の営業マンが現地で現物の車の状態をチェックします。チェック項目は決まっており、ルーチンワークで素早くチェック。約10分程度で本査定は終わります。
特にあなたがする事はありませんが、稀にキズなどの経緯について聞かれる事もあります。突っ込まれそうな箇所がある場合は、評価を落とさないための上手い回答を事前に考えておくと良いです。

kurumakaitori

 

④売却商談、交渉

本査定が終わりましたら、担当の営業マンから正式な査定額が提示されます。

①査定額に納得した場合は、売却意思を伝え、売却手続きに進みます。
②納得がいかない場合は、値下げ交渉を行います。値下げ交渉は積極的におこなって問題ありません。
③値下げ交渉が上手くいかず、査定額に納得がいかない場合は、売却を却下します。売却を却下してもトラブルやペナルティ、料金発生等はありません。相手も商売ですので、基本は潔く諦めてくれます。

 

⑤売却手続き

車の売却を決意した場合は、売却手続きに進みます。

売却手続きでは以下の書類が必要となります。
・車検証(自動車検査証)
・自賠責保険証明書
・自動車税納税証明書
・譲渡証明書(業者側が用意してくれます)
・実印、印鑑登録証明書

もしこれらがすべて揃っている場合は、その場で売却手続きができます。
もし紛失等で一部の書類が無い場合は、再発行後、後日改めて売却手続きを行う形となります。

 

⑥入金

売却手続きが完了すると、数日後に指定の銀行口座に、査定額分のお金が入金されます。
これにて一連の売却作業は完了です。

その後は担当の営業マンから連絡がくることは基本はありません。ただし、中古車買い替えなどのダイレクトメールは稀にきます。そこはご愛嬌で。

 

まとめ

車の売却の流れはこういったイメージとなります。
一見複雑そうな部分もありますが、実際はそこまで難しくありません。初めての方や車に詳しくない方でもすんなりと進むようにできています。
査定依頼後、却下する事もできますので、もし車査定を考えている方は、試しにでも利用してえみてはいかがでしょうか。いい経験になるかと思います。

スポンサードリンク

コメントを残す